一緒に歌って…楽しくクリスマス・コンサート

2016 年 12 月 20 日 Comments off

子どものその恒例のクリスマス・コンサートが12月20日、斎藤奈巳さん、三村あゆみさんの二人を招いて開催されました。
最初は3歳以下の小さい子どもたち、美しいドレス姿のピアニストに「わあっ」と歓声を上げましたが、6曲の曲をおおむね静かに聴けました。「あわてんぼうのサンタクロース」は一緒に歌えた子も沢山いました。
二回目は年中組・年長組の7クラス。「くるみ割り人形のめどれー」に始まって楽しい8曲を、手拍子をとったり、一緒に歌ったりと楽しみました。石原先生も一緒に6手連弾で「エンターティナー」を演奏すると、」みんな大喜び。
演奏が終わっても、もっと聴いていたくて「アンコール!」の声がとどろくほどでした。
続きを読む…

カテゴリー: 保育 タグ:

ワクワク楽しいこといっぱいの12月、誕生会『火のお祝い』

2016 年 12 月 16 日 Comments off

 寒い日が続きますが、子どもたちは元気です。今どのクラスでもクリスマス制作が盛んで、自由あそびの時間も続きでいろいろ作って楽しんでいます。手作りの大きなツリーに飾るものを作っているのは、ひよこ組とすずめ組。「プレゼントを入れる靴下を作ろうよ」となり、色画用紙の靴下に穴をあけ、毛糸を通して飾りました。ちょっと難しいけれど頑張って作ってましたよ。サンタさんも喜んでくれるでしょう。3歳児は、紙の板にボンドでドングリや木の実、もみじにボタン、マカロニパスタなどなどいろいろな素材を使って、素敵にレイアウト。子どもって芸術家です。4歳児はクズのつるで作ったリースに赤や緑のリボンを結び、ドングリや赤い実、ボタン、綿などを飾りました。こちらも世界に一つの素敵なリースです。そして、5歳児は自分のクリスマスツリーを作りました!かたい色画用紙を苦労しながら折って、切ってモミの木を作り、そこに飾るサンタクロースと鐘を折り紙で作ります。なかなか難しいのですが、みんな最後まで頑張って作ってました。あとは自由に飾りましたが、とても素敵。持ち帰ったらぜひ飾ってあげてくださいね。

 さて、誕生会。クリスマスが近いことにワクワクしながら、みんなで集まってお祝いをしました。0,1歳児は川﨑先生の変身紙皿?「何に変身するかな」でわくわく。2歳から4歳児はホールに集合して、16mmの映画「ももたろう」と「ミッキーマウスのオバケ退治」を楽しみました。5歳児は、劇「おおどしの客」。大みそかにやってきたお客は、実は福の神。親切なおじいさんおばあさんに福がもたらされ、欲張りなおじいさんとおばあさんには貧乏神がやってきた、という民話です。先生たちの演技に思わず引き込まれた子どもたちでした。写真はその時のものです。そして誕生会も終わりというときに、保育生協の山中さんが手紙を届けてくれました。但し英語で書かれているのです。さて困った。先生たちがなんとかかんとか読むと、どうやらサンタクロースからの手紙のようです。そのやってくるという内容。もう大喜びの子どもたちでした。来週もワクワクドキドキの毎日になることでしょう。12月生まれのみんな、おめでとう!!特集記事

カテゴリー: 保育 タグ:

憧れの人形劇、やったよ! 万雷の拍手を浴びて

2016 年 12 月 5 日 Comments off

  1カ月余りの活動を積み重ねて創り上げた年長組の人形劇が、12月3日、たくさんの父母たちに公開されました。
和紙をちぎって水につけ、フノリと煮て紙粘土を作ったのを手はじめに、人形、大道具・小道具、セリフなどをすべて手作りで準備しました。それはクラス全員が主人公となった「話し合い活動」に支えられたものでした。小さい組のときから絵本の読み聞かせに耳を傾け、仲間と無数のごっこ遊びを重ねた体験が実を結んだものでもありました。
劇が終わって、一人ひとり「〇〇役をやった……です」と自己紹介をする子どもたちの達成感と自信に満ちた姿に、万雷の拍手が送られました。自然の中で、友だちとぶつかり合って遊びながら、人とつながって活動する喜びや知性を育てた子どもたち、がんばったね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 父母の参加, 5才児 タグ:

劇ってたのしいね 11月誕生会「くだもののお祝い」

2016 年 11 月 18 日 Comments off

 運動会や遠足を終えて、子どもたちの仲間関係も深まってきました。遊びもいろいろ楽しい季節ですが、中でもごっこ遊びが盛んです。そんな時期に合わせて、今回の誕生会では、先生たちが身近にある道具を活用して、楽しい劇を演じています。
写真は、年少組(3歳児)の先生たちによる3匹のこぶたです。オオカミが煙突から入り、お鍋にドッボーンと落ち、こぶたたちが大喜びしているシーンです。見ている子どもたちも思わず笑顔になって、やったーと大歓声。大がかりな舞台装置などなくても、ウレタンブロックのお家でレンガに見えてしまうのは、子どもたちの想像力のなせる技です。先生たちの劇に刺激されて、すぐに真似をして、自分たちのごっこ遊びが始まります。
今回の誕生会は、年中組が「からすのお菓子屋さん」年長組は「てぶくろ」の人間劇でした。 (特集記事)

カテゴリー: 保育 タグ:

苗間保育園が着工、来春4月には開園

2016 年 11 月 8 日 Comments off

子どものその苗間保育園が本格的に工事にかかりました。10月に近くの160座席の集会室で行った説明会は超満員、苗間地域の保育園不足の深刻さと、長い歴史をもつ「子どものその」への期待の大きさが痛感されました。期待に応えて子どもたちがのびのびと遊べる保育園を実現したいものです。

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

初の秋まつり&バザー、大盛況・大成功でした

2016 年 11 月 1 日 Comments off

  秋まつり&バザーは、ちょっと寒い日でしたが、たくさんのお客様を迎えて、楽しく盛大に行われました。
  昨年まで「親子そのまつり」と「大バザール」として歴史を重ねた二つの行事をひとつにした初めての催しです。保護者主体の行事をひとつにまとめたのは、働くお母さんの比率が増えてきたので、負担を軽減する必要を感じたからでした。また、従来は保育生協は班単位で、保育園はクラス単位で参加する形を、認定こども園にふさわしく「クラス単位」に一本化しました。
 初めての試みでしたが、父母と職員が一体となって「子どものそのを支えていく」という考え方は貫かれました。しかも、大変といえば大変でしたが、みんな笑顔でがんばれたのではないでしょうか。
 卒園生やその家族のみなさん、地域のみなさん、ご参加・ご協力ありがとうございました。

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

やっと秋らしくなりましたね・・・10月の誕生会

2016 年 10 月 25 日 Comments off

  気候も良く散歩に出かけた子どもたちは、バッタやイナゴがピョンピョンとびまわるのを追いかけたり、草むらにカマキリを見つけては大興奮。ドキドキしながら捕まえています。野外保育も始まりました。お天気にも恵まれて楽しく過ごしてきました。これからのクラスも楽しみですね。
さて、今日は10月の誕生会「虫のお祝い」です。0,1歳児はきんぎょ組に集合。陽一先生の楽しい手あそびに体いっぱい使って参加してましたよ。写真は「うさこちゃんのおいもほり」のエプロンシアター。とっても興味津々で見てました。

2,3歳児はたんぽぽ組に集合。町先生が見つけた卵からいったい何が生まれるのか?びっくりするほど全員集中して見ていました。ひよこ、へび、怪獣、そしてカッパ!!へんてこなものまで出てきて、大笑いでした。そのあとは先生たちの劇「3びきのヤギのがらがらどん」をみました。
年中組と年長組はそれぞれでお祝いをした後、ぞう組に集合。「からすのパン屋さん」の劇を楽しみました。カラスのくちばしを手に付けて人形劇と人間劇の混ざった不思議なお芝居でした。面白かったね。10月生まれのみんな、お誕生日おめでとう!!特集記事

カテゴリー: 保育 タグ:

小雨の中で運動会。ご協力ありがとうございました。

2016 年 10 月 9 日 Comments off

子どものその第52回運動会は雨の予報もあるなかでしたが、やる気満々の子どもたちの気持ちを考え、なんとかやりきれるかと定刻にスタートしましたが、途中から雨足が
だんだん強くなり、子どもたちの競技3種目を残したまま、繰り上げて年長組の力強い「ソーラン節」で締めくくりました。午後の卒園生や父母の競技を楽しみにして下さった方、
おいしいお弁当を用意して下さったのに、申し訳ありませんでした。途中から小雨が降り出したのに、子どもたちは元気いっぱい、普段の姿でがんばってくれました。最後の
年長組「ソーラン節」には暖かい大きな拍手をいただき、とてもうれしかったです。
後片付けも雨の中を最後までがんばっていただき、厚くお礼申しあげます。いつも本当にありがとうございます。

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

雨のため運動会の午後の部は中止です。

2016 年 10 月 8 日 Comments off

 みんなで楽しみにしていた運動会。小雨交じりの中行いました。しかし雨はひどくなるばかりなので一部の競技を中止し年長のソーラン節で終了しました。午後の卒園生や大人、未就園児の競技は中止させていただきます。残念ですが、ご理解のほどよろしくお願いします。

カテゴリー: 卒園生, 父母の参加 タグ:

懐かしいみんなと一緒に登った官の倉山・・・頑張りました!

2016 年 9 月 26 日 Comments off

 9月25日に卒園生対象事業委員会(通称メリーの会といいます)主催の山登りがありました。カッパの会から案内を配信していただきましたが、急なことだったので、参加者は17世帯48人でした。場所は小川町の官の倉山。東武竹沢駅をはさんで金勝山と反対側にあります。在園中お父さんと一緒に登った子もいますが、お母さんたちは初参加の方も多かったようで、頂上近くの急ながれきの山道に驚いていました。
 前日の雨の影響を心配しましたが、登りの山道は思ったほど滑ることなく進み頂上で思い思いに写真を撮った後、下って杉木立のなかでお弁当です。
『お父さんと遊ぼう山登り』ではびっしり人、人、人・・・ですが、今回はゆったり食べられましたね。
さて帰り道。台風の影響で倒木が多くあり、山道も結構えぐれていて、いつも以上の足場の悪い下りとなりました。それでも小学生たちは元気いっぱい。ひょいひょいと下っていきます。運動不足の大人のほうがきつかったですね。筋肉痛が翌日に持ち越した方もいたのではないでしょうか。それでも歩きながらいろんなお子さんたちの近況が聞けて楽しかったです。新緑の頃の山登りと違い、緑が深い山道。アスファルトの道は日差しが強いのですが、風はやはり秋の風で涼しく、季節の違いを感じました。懐かしい里山の風景を眺めながら帰路につきました。駅近くのお店でアイスをほおばる子どもたちもビールを飲むお父さん、お母さんもとってもいい笑顔でした。みなさんお疲れ様でした。また、行きましょう! 事業案内は mery@sono.ed.jp まで。

  

(恒例のさわがに探し、見つけた後逃がしてあげました)

カテゴリー: 卒園生 タグ: