懐かしいみんなと一緒に登った官の倉山・・・頑張りました!

 9月25日に卒園生対象事業委員会(通称メリーの会といいます)主催の山登りがありました。カッパの会から案内を配信していただきましたが、急なことだったので、参加者は17世帯48人でした。場所は小川町の官の倉山。東武竹沢駅をはさんで金勝山と反対側にあります。在園中お父さんと一緒に登った子もいますが、お母さんたちは初参加の方も多かったようで、頂上近くの急ながれきの山道に驚いていました。
 前日の雨の影響を心配しましたが、登りの山道は思ったほど滑ることなく進み頂上で思い思いに写真を撮った後、下って杉木立のなかでお弁当です。
『お父さんと遊ぼう山登り』ではびっしり人、人、人・・・ですが、今回はゆったり食べられましたね。
さて帰り道。台風の影響で倒木が多くあり、山道も結構えぐれていて、いつも以上の足場の悪い下りとなりました。それでも小学生たちは元気いっぱい。ひょいひょいと下っていきます。運動不足の大人のほうがきつかったですね。筋肉痛が翌日に持ち越した方もいたのではないでしょうか。それでも歩きながらいろんなお子さんたちの近況が聞けて楽しかったです。新緑の頃の山登りと違い、緑が深い山道。アスファルトの道は日差しが強いのですが、風はやはり秋の風で涼しく、季節の違いを感じました。懐かしい里山の風景を眺めながら帰路につきました。駅近くのお店でアイスをほおばる子どもたちもビールを飲むお父さん、お母さんもとってもいい笑顔でした。みなさんお疲れ様でした。また、行きましょう! 事業案内は mery@sono.ed.jp まで。

  

(恒例のさわがに探し、見つけた後逃がしてあげました)

カテゴリー: 卒園生 タグ:

秋雨を吹きとばせ 9月誕生会「月のお祝い」

2016 年 9 月 21 日 コメントはありません

 台風は過ぎましたが、どうもすっきりしない天気。気分もくもりがちですが、それを吹き飛ばすような楽しい誕生会でした。

A写真は、4歳児の先生たちによる劇「消防士のスモールさん」の一場面。ビルの上に取り残されたうさぎさんを助けるために、はしごを登り、無事救出できてみんな拍手です。演技する先生たちはかっぱを着て、ヘルメットをかぶり、長靴もはいて消防士になりきっていました。劇が終わると、子どもたちはさっそく消防士の真似をして、はんとう棒につかまってはするすると降りて、「消防隊出動!」と言いながら元気に遊んでいました。これから運動会にむかって、登ったり、飛び降りたりと身体を動かすあそびの楽しさにもつながりそうです。

A今月の誕生会の先生たちの出し物は、0・1歳が「お月さまこんばんは」のペープサート、3歳が「お月さまってどんなあじ」のペープサート、5歳が「たべられたやまんば」の劇でした。       (特集記事はこちら)

カテゴリー: 保育 タグ:

うさぎの広場は雨で中止です

2016 年 9 月 20 日 コメントはありません

 本日予定していた「うさぎの広場」(地域子育て支援事業)は、雨のため中止にします。次回は10月20日(木)にミニミニ運動会を予定しています。

「うさぎの広場」に合わせて、見学を予定されていた方も本日は雨が激しくなりそうですので、天気の良い日に改めてお越しください。

カテゴリー: 未分類 タグ:

台風に負けないぞ、元気な太陽の子どもたち・・・8月のお誕生会

2016 年 8 月 30 日 Comments off

心配された台風ですが、今のところ穏やかに過ぎています。このまま雨風も強くならなければいいですね。東北地方への上陸が夕方になる見込みなので、保育部やオレンジ組のお迎え時の天気が気になるところです。夏季保育中の幼稚部の子どもたちが帰り、保育部とオレンジ組の子どもたちが昼寝をする頃、せみが鳴き始めました。「つくつくぼうし」が鳴き始めると夏もいよいよ終わりかなと思います。
さて、今日は8月の誕生会『太陽のお祝い』です。めだか・きんぎょ組は今月もめだか組の2人だけ。自我が拡大中のきんぎょ組さんは、2個出されたお誕生日の椅子に殺到し自分が座ると大騒ぎ。4月入園の子どもたちもしっかり混じって自己主張。大変ですが、これも成長です。なんとか主役のなお君とおうちゃんが座り始まりました。ほのか先生のエプロンシアター「まいごのこねこちゃん」をみんなで楽しみました。2歳児は、ひよこ組の部屋に集合。6人の子どもがお祝いでしたが、たっくんとなつきくんは恥ずかしくなって恥ずかしくなってどうしようもありません。そんな時もあるよね~。先生に抱きかかえられながらの写真撮影になりました。ペプサートのクイズは夏にちなんだ「これなーに」を楽しみました。3歳児はたんぽぽ組に集合。「おばけのてんぷら」のペプサーとを楽しみましたよ。4歳児と5歳児は、それぞれの学年でお祝いの後ホールに集合。影絵の「スイミー」を観ました。高野園長自作のピアノ曲「スイミー」に合わせお話が進みます。ひんやりとした海の世界にいるようで「わーきれい」と言う声が子どもたちから聞こえました。8月おまれのお友だち、お誕生日おめでとう!!(特集記事)

カテゴリー: 保育 タグ:

キャンプ(初心者キャンプセミナー)中止のお知らせ

2016 年 8 月 20 日 Comments off

 楽しみにしていたキャンプですが、この天候なので相談のうえ中止とさせていただきます。

川の増水と台風の影響で今後さらに天候の悪化が予想されること、夕方からは落雷の危険も大きいこと、

キャンプ場までの道のりも通常と違う状態が考えられます。

小さい子どもたちの参加するキャンプなのでまずは安全第一など様々な点からの決定です。

いろいろ準備をして楽しみに待っていただけに残念ですが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

 園からはすでに緊急一斉メールで中止のお知らせしています。

登録がまだの方は、ぜひこの機会に登録をしていただきますようにお願い致します。

                         子どものその

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

子どものその苗間保育園建設に着手

2016 年 8 月 19 日 Comments off

ふじみ野市苗間の農地に、子どものその苗間保育園を建設する子どものそのの計画は順調に準備が進み、8月18日着工、開発許可条件の道路拡幅工事が始まりました。
この苗間保育園建設については、7月15日付で厚生労働省から整備交付金(補助金)の内示があり、8月3日にはふじみ野市長から開発行為の許可を受けておりました。
園舎は木造2階建(準耐火)、延床面積791㎡(約239坪)を予定しています。埼玉県産の木材を中心に、日本の風土にかなった木の香り豊かな乳幼児の生活の場を作りたいと願っています。苗間地域はふじみ野駅から近く、住居地域として人口が増加していますが、保育園敷地の周辺は田園の香り高く自然が残されております。自然の中で感性豊かな子どもを育ててきた50余年の歴史を持つ子どものそのの保育が、またひとつ拠点を増やして、苗間地域の子育て支援に力を発揮することが期待されています。

カテゴリー: 保育 タグ:

ゴム動力の舟づくり、卒園生挑戦、がんばったよ

2016 年 8 月 1 日 Comments off

保育生協の卒園生対象事業のひとつ「のとさんの工作教室」第5回は、7月31日、「ゴム動力で走る舟」でした。
1年生から6年生までの子ども27人と大人4人の31人が、意外に難しい工作に挑戦、悪戦苦闘する子もいましたが、2時間集中してとりくみ、全員が完成させました。
スクリューをつける小さな釘を打つのは至難の技でした。これはプラモデル作りでは体験できない昔風の木工の醍醐味。その苦労を乗り越えてこその達成感です。みんな最後まで頑張ってえらかった!
続きを読む…

カテゴリー: 卒園生 タグ:

園庭にあふれる参加者、卒園生家族も夏まつりを楽しむ

2016 年 7 月 18 日 Comments off

終日曇りという予報だったのに朝から陽がさして、夏まつりは7月16日午後4時半、天候の心配なく開会しました。オープニングは在園の子どもたちの「かっぱのまつり」の踊りです。やぐらのまわりで踊る子どもたちのゆかた姿をスマホが追いかけていました。
間もなく模擬店が開店すると、たちまち駄菓子売り場、やきとり、やきそば、かき氷、ヨーヨー・パンチボールなどには長蛇の列、ビヤホール、飲物、フランクフルト、カレーライスなどもお客さんがいっぱいでした。
子どものそのの夏まつりは1978年に第1回を行ない、今年は39回目に当たるでしょうか。1965年に一軒いくらと資金を出し合って、市民の手で「わが子」のための幼児施設を作ったのですが、10余年をへて、子どものそのは「わが子のための園」から「地域社会になくてはならない園」に発展したと、1977年の保育生協総会で確認しました。そして「その」を支えて下さる市民と一夜を楽しく交流しようと夏まつりが始まったのでした。
今年は「息子が20歳になった記念に家族できました」、「あの手数をかけた子が社会人になったのですよ」と古い父母のみなさんがたくさん参加して下さいました。卒園生も中学・高校生はもとより、父・母となった人もずいぶん参加してくださいました。
たくさんの参加者を迎えて、父母のみなさんと職員も準備からまつり本番、後片付けに奮闘して、「その」の底力を発揮してくれました。お疲れさまでした。
この夏まつりに高畑ふじみ野市長も駆けつけて祝辞を下さいました。
能登理事長は、閉会のあいさつの中で「子どものそのはいま、市内の旧大井町地域の一角に新しい『子どものその保育園』を計画しています。みんなの宝物である子どものそのの保育を、さらにひろげていきましょうひろげていきましょう」と訴えました。この後、心のこもった仕掛け花火や打ち上げ花火を楽しんで、夏まつりは終わりました。

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

星に願いをかけて…7月の誕生会『ほしのお祝い』

2016 年 7 月 7 日 Comments off

今日は七夕です。それぞれの部屋の前の飾った笹竹には子どもたち一人ひとりの願い事が書いてあります。「おもちゃがほしい」「じゅーすやさんになりたい」」「サッカーせんしゅになれますように」「おひめさまになりたい」・・・中には「おおきくなったら、おうじさまにけっこんしてくださいっていわれたい」という乙女心いっぱいのものや「あまのかわのぷーるでおよいでみたい・・」なんてメルヘンチックなものまであって楽しいですよ。「おほしさまがみんなのねがいをかなえてくれますように」という素敵な願いもありました。子どもっていいなあ。
さて、今日は7月生まれの誕生会です。0,1歳はきんぎょに集まり、西村先生が楽しい出し物を見せてくれました。歌に合わせて星のボウちゃん(黄色い棒に目玉がついているだけ)がつぎつぎロケットやお家や船に変身しながら大冒険。軽快な歌に思わず体が揺れてる子もいましたよ。
ひよこ・すずめ組は、建島先生の「5つのメロンパン」のパネルシアターを。年少組は、「チチンプイプイのプイー」と呪文をかけるとケーキがどんどん大きくなる不思議なパネルシアターを菊池先生が見せてくれました。みんな嬉しそうに呪文を唱えていましたよ。(写真はみんなで「プイー」と言ってるところ) 特集記事 続きを読む…

カテゴリー: 保育 タグ:

夏は子どもの季節、わぁ、プールだ、プール開きだ

2016 年 7 月 5 日 Comments off

梅雨の晴れ間、7月4日は最高の暑さ、全園児が3回に分かれてプール開きを楽しみました。
2歳児から4歳児までプールサイドを囲むなか、まずは能登おじさんのゴム動力で走る舟の進水で始まりました。舟はスクリューを回しながら、プールの端から端まで見事に走りました。
続いて大きい組がプールに入って、「キャンプだホイ」と「もぐらのまつり」を元気いっぱい歌って踊りました。それから小さい組がからだを消毒してプールに飛び込みました。屋上のプールは歓声に包まれました。美しいタイル絵のザリガニ、かめ、カッパ、カエルも水しぶきに消えてしまいました。
続きを読む…

カテゴリー: 保育 タグ: