新緑のなかで 5月誕生会「はっぱのお祝い」

2017 年 5 月 23 日 コメントはありません

Aもうすっかり夏の日差しで、暑さも厳しくなってきました。木々の緑が濃くなり、木陰に吹く風が心地よく感じます。5月の誕生会は「はっぱのお祝い」。

A写真は、年長組の先生たちによる「やまなしもぎ」の一場面。太郎が分かれ道にさしかかると、真ん中の笹が「ゆけっちゃかさかさ」右と左の笹が「ゆくなっちゃがさがさ」と風に揺れているところです。今回の劇は、子どもたちの周りを役者がぐるりと回りながら、山の中を進んでいき、いろんなものに出会う設定になっていて、子どもたちもいろんな方向を向きながらお芝居を楽しんでいました。
A年長組はいよいよ明日が山登り。自分たちの冒険を想像しながら、お話の世界に入り込んでいました。

A4歳児は、「おばけのてんぷら」のペープサート、幼稚部3歳児・ひよこは「あめふりくまの子」のペープサート、保育部の2・3歳児は「これなにかな」のペープサートでした。(特集記事

カテゴリー: 保育 タグ:

山登りに向けて 遠足ごっこ(年長組)

2017 年 5 月 22 日 コメントはありません

 年長組は5月24日が山登り。作戦を考えたりしながら、次第に気分が盛り上がってきました。
A先週の金曜日は遠足ごっこ、新河岸川をさかのぼり、権現山から養老橋へそして対岸を蓮光寺へ、かなり長旅でしたがさすが年長組でした。
A途中、橋の下をくぐり、斜めの斜面を渡る場所などは、すいすい渡る子もいれば、慎重にお尻をついて進む子もいましたが、助け合い励ましあう姿もみられ、山登りの練習にはいい経験になったかもしれません。権現山は涼しい木陰で、山の雰囲気もあり、珍しい虫や花を見つけては仲間が頭を寄せ合い、集まる場面がありました。
続きを読む…

カテゴリー: 保育, 5才児 タグ:

苗間保育園開園して2カ月、元気にやっています

2017 年 5 月 20 日 コメントはありません

子どものそのの父母、職員、卒園生のみなさんの大きなご支援をいただいた「子どものその苗間保育園」は、4月1日開園し、
無事に2ヵ月近くを経過しました。総事業費は約2億6500万円、公費補助1億9800万円、認定こども園とBaby保育園のご支援もあって、立派な木造の薫り高い園舎が完成しました。ご支援ありがとうございました。
初年度は0歳児から3歳児まで59人でスタート、2年後に5歳児まで99人の保育園に成長する計画です。子どものその認定こども
園とは環境も違い、そっくり伝統を受け継ぐのは難しいのですが、開園3日目でどろんこ遊びが始まるなど、子どもの気持ちを大事にすれば、楽しい遊びはどんどん広がります。
続きを読む…

カテゴリー: 保育 タグ:

久しぶりに会えたね 一年生のつどい

2017 年 5 月 18 日 コメントはありません

A5月13日、一年生のつどいを開きました。
Aあいにくの雨で、外で遊べませんでしたが、90名近くの卒園児が子どものそのに帰ってきました。お迎えのバスの中も、各部屋に入ってからも大興奮で、先生や友達と抱き合ったり、走り回ったり。それだけ待ちに待った日だったのでしょう。
Aひとしきり遊んだ後、いつもの朝の会のように、いすを丸く並べてみんなで話し合い。「学校で先生に怒られた人?」と先生が尋ねると、半数ぐらいの子が「はい!」と手を挙げました。みんな元気でやっているようなので、よかった。

続きを読む…

カテゴリー: 卒園生 タグ:

今年度最初の誕生会「花のお祝い」

2017 年 4 月 26 日 Comments off

桜やチュウリップなど花がいっぱい咲いていた4月から、若葉の緑がまぶしい季節になりましたが、今日は4月の誕生会「花のお祝い」でした。子どものそのの誕生会には、その月の自然にちなんだ名称がついています。

 新入園児にとっては、他のクラスと一緒に一部屋に集まって行う初めての誕生会ですが、みんなで歌を歌ったり、先生たちの劇などを楽しく観ていました。

 写真は幼稚部の年少、ひよこ組の誕生会で、先生たちが「春ってすてきだね」の歌をうたいながら、ペープサートを演じているところです。歌のリズムに合わせて、子どもたちも自然に身体を動かしていました。

 他の年度出先生たちが演じた出し物は、保育部のすずめ・なのはなでは、「カレーライス」のパネルシアター、年中組は「三匹のこぶた」の劇、年長組は「3びきのやぎのがらがらどん」の劇でした。    特集記事

カテゴリー: 保育 タグ:

みんな大きくなったね 3月誕生会「つぼみのお祝い」

2017 年 3 月 3 日 Comments off

 今日はだいぶ春らしい陽気になってきました。ひよこ組の前の桜のつぼみも少しずつふくらんでいます。3月生まれの子どもたちは、自分の番をずっと待ち続けて、ようやくやってきた誕生会です。

 写真は年長組の先生たちによる「こぶたの学校」(人間劇)です。こぶたの一年生たちが、初めての学校で戸惑いながらも、だんだんと楽しくなっていくお話です。一年生はありんこと遊んでいて遅刻したり、ランドセルをお家に忘れたりしながらも、みんなで助け合い、新しいことにも挑戦していきます。写真は最後の「音楽の時間」、みんなでたのしく楽器を鳴らして歌っている場面です。「学校って、楽しいよ」というメッセージが伝わってきました。

 234歳は、合同で「ねずみの嫁入り」の人間劇をみました。特集記事

カテゴリー: 保育 タグ:

雪降るのかなー・・・2月誕生会『雪のお祝い』

2017 年 2 月 9 日 Comments off

朝の登園時間はすこし雪が降っていて、庭もうっすら白くなりましたが、その後は止んでしまいました。雪遊びがしたくて、スキーウェアーや手袋を持ってきた子もいましたが、今回も空振りのようです。
今回の誕生会『ゆきのお祝い』は、厳しい寒さも吹き飛ばす楽しいお祝いになりました。作品展も近いので、司会の先生によるハサミの技、ハサミを使った不思議なマジックなども披露されました。
写真の劇は、「こぶじいさま」に登場する鬼たちの踊りのシーンです。年少組の子どもたちは、この前の豆まきを思い出して、一瞬緊張が走りましたが、先生たちのゆかいな踊りにだんだん楽しくなって、身を乗り出していました。年中、年長の子どもたちは今回は合同で、先生たちの劇「どろぼう学校」を観ました。キャストの個性的な演技、先生たちのちょっととぼけたやりとりを楽しく見ることができました。      (特集記事) 

カテゴリー: 保育 タグ:

子鬼がわらわら、怖い鬼の親分が2匹も。がんばったよ、豆投げて。

2017 年 2 月 4 日 Comments off

節分の2月3日、太鼓の音がとどろくと、小さな鬼どもがわらわらと出てきて、小さい組のガラス戸を金棒でたたいて押し入った。
泣き叫び、部屋の隅に隠れても、鬼どもは容赦しない。机に毛布をかぶせて隠れている組では、毛布を引っ剥がして襲いかかる。「おにはそとー!」と豆(ならぬあずき)を投げても、4組の鬼どもが次つぎと入れ替わってやってくる。さすがの鬼も0歳、1歳の赤ちゃん組は廊下を歩いて脅しただけだった。大豆アレルギーの子が二人いるので、大豆を踏みつけて粉塵になって飛んでは大変、もうあずきの豆まきは3回目だ。
続きを読む…

カテゴリー: 保育 タグ:

雪もちらちら降って 1月誕生会「氷のお祝い」

2017 年 1 月 20 日 Comments off


A朝から気温が上がらず、小雪もちらちら舞う真冬の一日でした。朝の早い時間は、雪の結晶を肉眼でも見ることができて、子どもと一緒にきれいな形を探し回りました。でも、みんなが登園するころには消えてしまいました。見られた子はラッキーでしたね。
A大人は大雪にならなくてよかったと思いますが、子どもは思い切り雪遊びを期待していたかもしれませんね。まだ冬は続きますので、これから楽しい雪遊びができるでしょう。

A本日の写真は、年少組とひよこ組の先生たちによる「ももたろう」の人間劇です。大きな桃が出てくると、これからどうなるのだろうとみんな集中しています。この後、中から元気な桃太郎が飛び出してきました。よく知っているお話でも、絵本とは違う面白さがあり、部屋に帰るとさっそく真似をして遊ぶ姿が見られました。
A本日の出し物は、年中組が「だいくとおにろく」の劇、年長組が「ねずみのすもう」の劇でした。    特集記事

カテゴリー: 保育 タグ:

一緒に歌って…楽しくクリスマス・コンサート

2016 年 12 月 20 日 Comments off

子どものその恒例のクリスマス・コンサートが12月20日、斎藤奈巳さん、三村あゆみさんの二人を招いて開催されました。
最初は3歳以下の小さい子どもたち、美しいドレス姿のピアニストに「わあっ」と歓声を上げましたが、6曲の曲をおおむね静かに聴けました。「あわてんぼうのサンタクロース」は一緒に歌えた子も沢山いました。
二回目は年中組・年長組の7クラス。「くるみ割り人形のめどれー」に始まって楽しい8曲を、手拍子をとったり、一緒に歌ったりと楽しみました。石原先生も一緒に6手連弾で「エンターティナー」を演奏すると、」みんな大喜び。
演奏が終わっても、もっと聴いていたくて「アンコール!」の声がとどろくほどでした。
続きを読む…

カテゴリー: 保育 タグ: